会社の”味”が出る?イメージカラーの設定について

2017年8月28日|カテゴリー「8月 ,コラム
「色」について、意識したことありますか?
新しくホームページを作る時や、ホームページの大幅リニューアル、
はたまた、チラシやパンフレットを作成した経験がある方は一度は体験しているのではないでしょうか?

それが今までと全く違うものになると、会社のイメージや、商品のイメージをガラッと変える時が多々あります。

そうです。
「色」のことです。

今回は色について少しお話します。
色の設定に迷った方に少しでも参考になっていただけたら幸いです。
■色によって違う心理効果

人にはそれぞれ、「色彩感情」という、個々の色や組み合わせがもたらす心理効果があります。
もちろん民族、年齢、性別などで色彩感情は一定ではありませんが、一致する共通認識があります。

例えば、良くダイエットなどで「青い食器でご飯を食べると食欲が抑えられる」とありますが、これも色彩感情をうまく利用した心理効果です。

少しお話とはずれますが、芸術界では、ゴッホや、ゴーガン、ムンクなど象徴主義と呼ばれる絵画にもこの色彩感情が大きな役割を演じているようです。



■ビジネスシーンでも色はとても重要!

先ほど例をあげたように、食欲を減退させる色、逆に食欲を増幅させる色など、それぞれの色にもメリットデメリットがあります。
試しに何色かピックアップしてみましたので、見ていきましょう。

■赤のイメージ
赤色のイメージ
プラスのイメージ
生命力・活動的・情熱・エネルギー・意欲・華やか
マイナスのイメージ
怒り・攻撃的・安っぽい・危険・破壊・緊張
連想されるもの
血液・太陽・リンゴ・火
心理的な効果
勢いや、生命力を感じさせるのが赤色の効果です。
逆に、闘争心をあおったり、短期になったりするイメージも持っています。
赤色は注目させる効果もあるので、セールチラシや価格表でも赤色を使用し、購買意欲を出すために置かれています。
■青のイメージ
青色のイメージ
プラスのイメージ
平和・安全・冷静・清潔・さわやか・涼しさ
マイナスのイメージ
寒い・冷たい・控えめ・憂鬱・ミスを許さない・ノリが悪い
連想されるもの
海・空・水・川
心理的な効果
赤とは逆で、興奮を抑え冷静にさせる効果がありあります。
知的や冷静さを感じさせる反面、冷たさやノリの悪さなどのイメージもつきやすいです。
空や海などのさわやかなイメージがあるので、夏などには特に多く見られます。
■黄のイメージ
黄のイメージ
プラスのイメージ
向上心・好奇心・幸福・軽快・カジュアル
マイナスのイメージ
軽率・無責任・幼稚・自分勝手
連想されるもの
レモン・ひまわり・梨
心理的な効果
暖色系でも特に明るく、注目を浴びる色です。
黒の文字が浮き上がって見える効果を活かして注意喚起の道路標識などにも黄色は使用されています。
元気やアクティブなイメージがある反面、軽率で無責任な印象を与えることもあります。
■緑のイメージ
緑色のイメージ
プラスのイメージ
自然・平和・穏やか・調和・協調・健康
マイナスのイメージ
控えめ・優柔不断・地味
連想されるもの
植物・野菜・山・木
心理的な効果
集中力が増したり、疲れをいやす効果があります。ですが、落ち着きすぎて控えめなイメージになってしまう傾向もあるので、地味になりすぎることがあります。
■白のイメージ
白のイメージ
プラスのイメージ
清潔・純粋・神聖・美しさ・天国・潔さ
マイナスのイメージ
頼りない・味気無さ・冷淡・無意味
連想されるもの
牛乳・雪・雲・紙・病院
心理的な効果
汚れていないイメージなどから、清潔感や純粋さを感じさせる色です。
どの色とも合うので、車などのカラーバリエーションに入っていることが多々あります。
シンプルなイメージを与えるため、無機質な印象を与えたりすることもあります。
■黒のイメージ
黒のイメージ
プラスのイメージ
高級感・神秘的・洗練された・忠実・都会的
マイナスのイメージ
不安・闇・脅威・圧力
連想されるもの
墨・カラス・夜・スーツ
心理的な効果
全てを吸収した色と言われている黒。
どこかミステリアスな神秘的なイメージの他、男性的で威厳のあるイメージがあるため、紳士服や男性用の時計などの広告に使われます。
闇・死を想像させるため、重たい雰囲気を与えることもあります。
■まとめ

いかがでしたでしょうか。代表的な6色を上げてみましたが、他の色にもそれぞれ受ける印象は違います。
商品のパッケージの色を変えただけで売り上げが良くなったといる例もいくつか聞いたことがあります。
それくらい、「色」は重要な立場です。
あなたの会社やお店がどんなイメージの「色」なのかを一度スタッフ全員で話してみてはいかがでしょうか?

上手くカラーバランスを使い分けて、効果的な広告作りを目指しましょう!