企業の宣伝に有効活用しよう!Facebookページのススメ

2017年9月30日|カテゴリー「9月 ,コラム
ウェブスタイルデザインのFacebookページ
皆さんはFacebookを利用していますか?
世界中で利用されているFacebookは個人利用以外に、企業や店舗などの団体向けのページも作成することができ、現在では日本の多くの企業がFacebookを活用しています。

では、企業でFacebookを利用する場合、どのようなことができるのでしょうか?

個人ページとFacebookページ

Facebookのページは大きく分けて2つ、「個人ページ」と、「Facebookページ」があります。

個人ページとFacebookページは見た目がかなり似ていて、たまに個人ページを企業や店舗ページとして利用している方がいますが、個人ページとFacebookページは機能が全く違いますので注意してください!

個人ページとFacebookページの違い

Facebookページを作る前に、二つのページについて把握しましょう。

個人ページ
・個人名(本名)のみ登録できる
・友達申請ができる(上限5000人)
・友達になった相手の個人ページに「いいね!」や書き込みができる
Facebookに登録しているユーザーしか見ることができない
・SEO効果はない

Facebookページ
・企業名/団体名が登録できる
・友達申請の機能はないが、「いいね!」を押した人が「ファン」として扱われる(数は無制限)
・Facebookの記事に書き込みがあれば、そこから返信することができる
Facebookに登録していないユーザーも閲覧可能
SEO効果があり、Googleなどの検索エンジンの対象になる

企業で利用する場合はFacebookページを!

個人ページとFacebookページの違いはまだありますが、ご覧のとおり、拡散してもらえる機会が多いのはダントツでFacebookページです。
個人ページで情報の発信をしても、見てもらえるのはFacebookのアカウントを持っているユーザーだけになってしまいます。

Facebookページで情報発信をしていれば、Facebookユーザー以外にも、検索エンジンを利用して、より広い範囲でユーザーの目に留まる確率が上がります。

また、Facebookページを利用していると、
「インサイト」という解析ツールが利用できるようになります(インサイトを利用する場合は、Facebookページに「いいね!」が30件以上にならないと利用できません)。

インサイトはホームページでいうGoogleアナリティクスのFacebook版のようなもので、いつ、どの記事に「いいね!」があったか、どのような記事や広告が人気なのかを把握することができます。
イベントやキャンペーンなどを行う際、集客の参考になるので、ホームページを作成する前にFacebookページを利用する企業も少なくはありません。

Facebookはもちろん、このFacebookページも無料で利用できるので、これからネットで集客をしたい!と考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。