Googleアナリティクスを使いやすくカスタマイズ!マイレポートを作ってみよう!

2017年10月23日|カテゴリー「10月 ,コラム

こんにちは。デザイナーのあおきです。
サイトの運営・管理をされている方、毎日お疲れ様です。

サイトの運営が初めてで、残念ながらうまくいっていない方、それとは正反対にうまくいっている方、いらっしゃると思います。
そんな管理者の皆様、Googleアナリティクスは上手に使えているでしょうか?

今回は知っておくと便利な、Googleアナリティクスのマイレポートについて、解説していきましょう。

そもそもマイレポートって何?

マイレポートには、重要度の高いレポートや指標の概要を複数のウィジェットとして表示できます。一度に多数の指標を監視できるため、アカウントの状態や複数のレポートの関係性を迅速にチェックできます。マイレポートは簡単に作成、カスタマイズ、共有することができます。(アナリティクスヘルプから引用)

つまり、マイレポートは、Googleアナリティクスで表示できる情報を1ページで確認することができる機能です。

毎回確認する際に、セッション数や滞在時間などひとつづつチェックするとアクセス解析だけで、かなり時間がかかってしまいます。 そんな時にマイレポートをうまく活用すると、作業時間の短縮など様々なメリットがあります。

早速マイレポートを作ってみよう!

01
01

Googleアナリティクスにログイン後、左側のメニューの「カスタム」をクリックします。
表示されたメニューの一番上「マイレポート一覧」をクリックすると、右側の画面にマイレポートのダッシュボードが表示されます。

02
02

ダッシュボード内、左上の「作成」ボタンをクリックします。 レポートの作成オプションが表示されます。

03
03

今回は、「空白のキャンパス」を選択し、レポート名を変更し、「マイレポートを作成」ボタンをクリックします。

「ウィジェットの追加」画面が表示されます。
この画面で、各レポートを追加していくことが可能です。

ウィジェットの設定画面詳細

ウィジェットの設定

標準…レポートの表示方法を決定します。

・指標…データを数字のみで表示します。
・タイムライン…日付ごとの折れ線グラフを表示します。
・地図表示…データを地図で表示します。
・表形式…一覧表でデータを表示します。
・円グラフ…データを円グラフで表示します。
・棒グラフ…データを棒グラフで表示します。

リアルタイム…サイト上でのユーザーの行動をリアルタイムで確認できる機能です。

・カウンタ…PCやスマートフォンなどのデバイス別やキーワード別に表示します。
・タイムライン…直前の30分・60分のページビュー数がわかります。
・地図表示…現在のデータを地図で表示します。
・表形式…現在のユーザーが、一覧表でデータを表示します。

「リアルタイム」の選択肢以降は、選んだ表示方法で、表示できる内容が変わります。
表示させたいレポートを任意で選んでいきましょう。

今回は以下のようなサクッとレポートを作成してみました。

マイレポート例

よくわからない場合は迷わずテンプレートを!

細かい設定方法は後日公開予定ですが、マイレポートを知識がない状態で作るのは至難の業です。

そんな時は、レポートのテンプレートを使ってみましょう。
レポートの作成オプションの「マイレポートを作成」ボタンの右横に「ギャラリーからインポート」というボタンがあるので、そちらをクリックすると、下図のような画面が表示されます。

レポートノギャラリー

検索枠に、日本語で「基本」や「日本語」を入力すると、日本語のレポートテンプレートがありますので、利用用途に合わせて、インポートしましょう。

以上で、マイレポートの基本の解説は終了です。
まずは、テンプレートを利用して、慣れてきたら自身でカスタマイズをしてみましょう!