サイトを改善しよう!アクセス解析の重要性

2018年2月9日|カテゴリー「2月 ,コラム
アクセス解析の重要性
デザイナーのあおきです。

雪まつりが始まりました。弊社の本社所在地はつどーむが近いため、近くの道路に交通規制がかかっています。
アクセスには少し不便になってしまいますが、弊社の前の道路はちゃんと通れますので、いつでも来店できますので、是非一度ご来店くださいね!


・・・という、宣伝はおいといて、本日は「アクセス」についてのお話です。
先日、1月末に納品が終了したお客様のメール設定などに伺った際、Web解析についてご質問がありました。

「そもそも、アクセス解析って何ができるのか?それを見てどう行動をおこせばよいのか?」

たしかに、アクセス解析が必要ですよー、無料で解析できますよーと言われて、いざ、導入してみたもののその使い方を知らないと、意味がありません。
今回はアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を実際に活用する前に知っておきたいアクセス解析の必要性を4つのポイントに分けてご紹介します。

その1アクセス解析の目標

そもそも、アクセス解析ってなんなの?と思われている方も多いのではないでしょうか。

アクセス解析は一言でいうと

ホームページの目的・目標の達成数アップにつながる課題を見つけるために、サイト運営者がサイト訪問者の特性や、行動を分析することです。

ホームページでお問い合わせ・利益を増やすためには、明確な目的・目標を設定して、それを達成するようにページを改善し続けることが重要です。 
アクセス解析はあくまでも、数字を見ること自体が重要ではなく、目標数をアップさせる目標を前提に、「サイトのどこを直すのか」、「どうやったら目標が達成できるか」を発見するために利用します。
この部分を徹底出来るようになると、次にやることの課題が見えてくるようになるでしょう。

その2サイト運営の目的・目標を明確にする

しかし、アクセス解析をいきなりはじめても意味がありません。
まずは、ホームページ運営の目的・目標を明確にしておきましょう。

コーポレートサイトの多くは、以下の様な目的でサイトを運営されているのではないでしょうか。

・サイトの知名度アップのため
・サイトから資料請求・お問合せをしてほしい
・サイト経由で商品購入をしてほしい
・企業からの新着情報の更新

目的や目標は、そのサイトそれぞれで異なりますが、例えば商品を売るECサイトであればもちろん、商品を購入してもらうこと、取引相手が会社の場合のコーポレートサイトであれば、資料請求を目標としていることがほとんどです。

その3アクセス解析でできること

では実際に、アクセス解析では何ができるのでしょうか?
Googleアナリティクスを基準に、アクセス解析でできることは以下のとおりです。

・どのようなユーザーが訪問しているか?
・ユーザーがどこからこのサイトに訪れたのか?
・ユーザーがサイトを訪れた際に一番最初に見たページは?
・ユーザーによく見られているページはどこか?
・ユーザーがサイトを離脱したページはどこか?
・目標達成率は?

解析データは、上記を組み合わせて分析することも可能です。

その4サイトを改善するための、課題を見つけよう

アクセス解析で確認できる項目はわかったけれど、実際サイトを改善するといっても実際に何をするのか?

ざっくりと大きく分けて以下の二つに分かれます。

・ユーザーを多く集めること
・目標達成率(商品購入・お問合せ数など)を上げること

当たり前のように見えますが、この改善のために注意すべき課題はどこなのか?
今回はまず、チェックしたいポイントを4つ、まとめてみました。

01.流入元が偏ってはいないか?

流入元とは、Google、Yahooなどの検索エンジンやSNSなどの「どこから来たか」という場所のことです。
流入元はある程度バランスよくあるのが理想的です。

02.ねらったキーワードは使われているか?

コーポレートサイトは、どの企業も、商品やサービスを売るためにホームページを運営しています。

例えば、リフォーム会社なのに、リフォームに全く興味のない人を集めても意味がありません。
リフォームを考えている人、その家族の注目を集めるためにサイトは作られたはずです。
そのためには、「リフォーム 水回り」などのキーワードを使用して、関連するコンテンツを作成するはずです。

このコンテンツが、狙ったキーワードで集客がないと、問題ですよね。

03.目標を達成するためのページそのものへのアクセス数が少なくはないか?

そもそも、お問合せのページや商品の購入ページが充実していないと、意味がありません。
ここへのアクセスが少ないということは、売り上げや見込み客獲得に繋がらないので、大問題です。

04.目標を達成するためのページにアクセス数があるのに、目標につながらない

03とは逆で、アクセス数があるのに、目標につながらない場合も注意が必要です。
目標ページ自体や、そのページにつながるページは充実しているのか?
ボタンを押したくなるキャッチコピーは本当に魅力的になっているか?など、ユーザーを納得・満足させる構成になっているかを考えてみましょう。

まとめ

アクセス解析の目的は

「把握」「改善」です。

そのためにはまず、現状の把握、サイト運営の目標・目的をしっかりと定めましょう。
その目的がはっきりしていると、「なぜ目標が達成できないのか」を疑問・課題を意識することができます。
アクセス解析は、その「疑問・課題」を改善するためのヒントを分析することができます。

慣れるまで大変な作業ですが、アクセス解析をしっかり理解することができれば、サイトの改善を的確にできるようになります。是非一度、アクセス解析をしてみましょう。