アナリティクスレポート 目標を設定してみよう

2018年2月27日|カテゴリー「2月 ,コラム

こんにちは、デザイナーのあおきです。
前回まではアクセス解析を導入したら確認したいレポートについてお話しました。
皆様、その後レポートの確認はできているでしょうか?

残す主要レポートは1種類。
ずばり!【コンバージョン】のレポートです。

コンバージョンとは、目標のこと。
目標設定をしないとレポートの確認ができないため、まずはしっかり目標設定をできるようになりましょう。

コンバージョンのおさらい

コンバージョンの設定例

まずはコンバージョンのおさらいをしておきましょう。
コンバージョン(conversion)とは、Googleアナリティクスにおいてはそのサイトの目標達成率を分析します。
コーポレートサイトなどは、お問合せ完了ページや請求完了のページを目標達成画面に設定し、そのページにどれだけたどり着いたのかを分析しています。

通販などをした際に、「購入手続き完了」などの画面が出ますよね?
店舗のサイトは主にその「購入が完了した」とわかるページを集計の対象とする場合が多いです。

コンバージョンの設定先は、企業や用途によって変わってきますので、まずはこのサイトで何をして、何が最終目的なのかをしっかり把握しましょう。

目標設定ってなんで必要なの?

「うちの会社は物を買うショッピングサイトではないから必要ないんじゃない?」と思われる方もいるかもしれません。

むしろ、物を買わなくても目標設定は必要です!!

ウェブサイトで目標設定をする理由は以下のとおりです。

・ウェブの有料広告などを使ってプロモーションを実施、どのくらいの効果があるかが確認できる。
・具体的にサイトのどこに問題があるのか発見する。
・そもそもウェブサイトがビジネスの目標になっているのかを確認する

目標設定をしていると、ウェブサイト運営の検証が可能で、サイト内の今後の課題もわかるようになってきます。
コンバージョンの条件に達成したユーザーとそうではないユーザーの行動の違いも確認できるので、やることにデメリットはありません。

Googleアナリティクスで目標設定をしよう

では、さっそく目標の設定をしていきましょう。
Googleアナリティクスを導入していない方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」と導入方法

管理をクリック
まずはアナリティクスの左側のメニュー(前回はレポートの選択で使用していた部分です)の一番下の「管理」をクリックしましょう。

目標の設定

【ビュー】→【目標】
【ビュー】→【目標】をクリックします。
【新しい目標】をクリックしましょう
目標を登録していない状況であると、上図のように表示されます。【新しい目標】をクリックしましょう。

①目標設定

「カスタム」にチェックを入れます。

「カスタム」にチェックを入れます。

②目標の説明

②目標の説明

任意の名前と、「到達ページ」にチェックを入れます。

③目標の詳細

③目標の詳細

【到達ページ】には、集計したいページのアドレスを入力します。

今回の例は、送信完了ページへの到達を目指すので、送信完了後のページを設定しました。

【目標到達プロセス】を設定することで、どのページから完了ページへ来たのかが集計できます。
例では①のページから②の完了ページまで移動したユーザーを集計します。

【保存】ボタンを押したら、設定完了です!
集計データが集まるのを待って、確認してみましょう。

まとめ

コンバージョンとはGoogleアナリティクスではそのサイトの目標達成率のことを言います。

コンバージョン率を確認できるようになることで、有料広告の影響がどの程度だったかの確認、具体的なサイトの問題点の発見、ビジネスとしての目標をウェブサイトが達成しているのかを確認することができます。

あってデメリットになる部分はありませんので、是非コンバージョンの設定をしてみてくださいね。