コラム

2017年9月11日|カテゴリー「9月
サイトのタイトルは本の表題そのもの
当サイトの「今さら聞けない!SEO対策」の中では、「今日から始めるSEO対策」として5つのポイントに分けてSEO対策の要点をまとめています。

今回は、その中でも、第一に気を付けていただきたい、ホームページの看板、本でいうと表題に位置するページのタイトルの適切な付け方について、補足の説明をしたいと思います。

■参考ページ


■検索ワードを選定しよう
まずは、ホームページが検索結果として表示されたい「検索キーワード」を選定します。

今回は例として「札幌市清田区にある不動産屋で、店名はウェブスタイル不動産」という設定でホームページを作成してみましょう。

このキーワードの設定は、「今日から始めるSEO対策」でも記載しているとおり、30文字以内に収めないといけません。 先日お話した「ロングテールSEO」にとってもとても重要なものですので、しっかりと選定しましょう。

◆業種と地域を必ず入れる
店名や企業の名前を入力するのは、おそらく皆さんもやっているでしょう。ただ、まだ知らない企業の名前や店名だけのピンポイントで検索するユーザーはまずいません。

ポイントはこの店舗・企業がどこにあるのかです。まずはどこにその会社/店舗があるのか、地域を表示しましょう。

ユーザー目線から考えると、自分の住んでいる場所や目的の対象になる場所の検索を行うはずです。
不動産の場合も、地域で検索するはずなので「不動産屋 札幌市」だったり、「不動産 清田」などで検索されたときに、検索結果として表示されるようになります。

また、今回の例のように業種が一目でわかる店名であれば問題はないのですが、会社名や店名だけではどのような業種なのか判断できない名前の場合は、業種も入力することをお勧めします。

以上を踏まえてタイトルを作成すると、「札幌市清田区のウェブスタイル不動産」「ウェブスタイル不動産|札幌市清田区」の様なタイトルになります。
さらに「札幌市清田区で賃貸をお探しならウェブスタイル不動産」のようにタイトルを短いメッセージにすると、フレンドリーで親しみやすいイメージを持てますよね。

くどいようですが、まだ自身の会社を知らない人はまず、社名や店名では検索しません。
ユーザーが入力しそうなキーワードをしっかり選んで、そのキーワードを想定してタイトルを盛り込みましょう。

また、「WEBSTYLEdesign」の様な英語表記の店名であれば、「WEBSTYLEdesign(ウェブスタイルデザイン)」のようにカタカナの表記をお勧めしています。

実はこの住所や業種について、いろんなホームページを見ていると、社名や店名のみというホームページをチラホラ見ます。
検索エンジンの結果を見たユーザーが一番先に目にするのがページタイトルです。
30文字以内という制限はありますが、簡潔にわかりやすいタイトルをつけるように心がけましょう。

◆ジャンルごとに特化した記事は下層ページで
今回例にしている不動産の場合、ユーザーは一人暮らしで少し安めの部屋を探していたり、ペット可の部屋を探しているなど、一人ひとり目的が違います。

例えばユーザーが「ペット可で3LDKのマンション」を探している場合「札幌 ペット可 3LDK」などで検索します。
ですが、不動産屋はたくさんの物件を扱っています。そのホームページのトップに「札幌 ペット可 3LDK」に関わる情報のみを載せることはまずありませんよね。

このように、それぞれのユーザーに絞った記事はトップページの次からのページ、つまり「下層ページ」に載せることが重要です。
ユーザーが欲している情報を下層ページで記載すると、検索エンジンのロボットも「良質なコンテンツ」として下層ページが検索結果に上がる場合があります。

各ユーザーのニーズに合わせたページは下層ページで作成し、ここでもTOPページとは違うタイトルを各ページごとにつけましょう。
また、CMSなどでホームページを作成すると、以下の様なタイトルになります。
「札幌市で3LDKのペット可賃貸の紹介|札幌市清田区で賃貸をお探しならウェブスタイル不動産」 上記のように、「下層ページタイトル|サイトタイトル」と、該当ページのタイトルの後ろにそのサイト自体のタイトルが入力されている場合がありますが、それはどのサイトのページなのかを明記しているだけなので、気にせず「下層ページタイトル」を30文字以内で収めるように注意しましょう。
各ニーズに特化したページ作りを!
まとめ
ホームページにつけるタイトルで押させておきたいポイントは以下になります。

・地域と会社名/店舗名を明記する
・30文字以内に収める
・伝えたいキーワードは小出しで下層ページへ

運営しているホームページにつけるタイトルは、検索エンジンから来るユーザーにとって判断しやすいタイトルにすることをお勧めします。
下層ページで適切なコンテンツを作成できれば、ロングテールSEOにも有効なホームページになってきますので、良質なコンテンツを作成したあとは、ユーザーが興味を引くようなタイトルをつけましょう。
2017年9月9日|カテゴリー「9月
広報と広告の違いって?

Web業界に入ってからというものの、Webデザイン以外にもたくさん学ぶことがあります。
もちろんそれが当たり前ですし、どんどん学べるものは吸収していきたいものです。

その吸収した知識でも、なんとなく頭ではわかって入るんだけど、上手く説明できない!ということありませんか?

社会人になった数年前、実は目から鱗だったのが「広報」と「広告」の違いでした。
名前は似ているし、たどり着く先は同じですが、その過程は微妙に違ってきます。
「広報」と「広告」、同じようなもの、と考えているそこのあなた!注意が必要ですよ!

広告と広報の違い

広告とは、新聞や雑誌、テレビなどの媒体の決められた広告枠の一部を買い取って、「こんなサービスがありますよ!」と自らアピールすることを言います。
全て広告枠を買った会社自身が決めることが出来るので、好きな時間、好きなメディアに企業側のしたい表現で発信することが出来ます。
広告を出す企業側が、いつ・どこで・どんな風に出るのかが事前にわかっているため、企業側は状況把握ができます。

お金を支払って広告するスペースを買う、広告に対して、広報とは企業が情報をメディアに発信して、その情報を各媒体がニュースとして取り上げ、一般の人々に広く知らせてくれることを言います。
広告とは違い、特に費用は費やさず、ユーザーに知ってもらう方法です。
ただ、広報の場合は、いつ・どこで・どンな風に出てくるのかがわからないため、企業側の把握ができないことがあります。

それでは広告と広報のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 メリットデメリット
広告いつ・どこで・どんなふうに発信されるかは企業次第
依頼をすれば確実に各媒体に掲載・放送される
で立つ速度が速い
広告を出す費用と時間がかかる
ユーザー側から見ると、強引なイメージもある
不特定多数にアプローチするため、浸透力が弱い
広報報道されるため、企業側の広告費や時間はかからない
その商品・サービスを必要としてるユーザーに届きやすい
特定の媒体に掲載・放送されるため浸透力が強い
いつ・どこで・どんなふうに発信されるかは各媒体次第
必ず掲載・放送されるわけではない
伝達速度は発信元次第なので、遅い場合もある

広告と、広報の上手な使い分けを心がけよう

メリットとデメリットを上げてみてわかることですが、どちらか一方に偏りすぎると、売り上げになかなかうまく繋げることが出来ません。

私も以前そうだったのですが、「PR=広告」というのは実は不正解です。
「PR(Public Relations)」は「公衆と良好な関係を構築するための活動」という意味で、実際は「広報=PR」が正解です。

広告は即効性があります。ですが、先ほども述べた通り、浸透力は弱いため、常に広告代を負担しながら、広告を出す必要があります。 ですが、広報は即効性の代わりに、浸透力が強いため、持続性があります。

商品・サービスの広告を出した場合、その効果が薄れてきたころに、広報の効果がうまくつながると、安定した売り上げにつながるでしょう。

2017年9月7日|カテゴリー「9月
ホームページリース契約に注意!

あなたは「リース契約」をしたことがありますか?
実はこのWeb業界、ホームページのリース契約は限りなく黒に近いグレーゾーンなのです。
最近、浸透してきた「リース契約」。車やパソコンなど様々なリース契約がありますが、あなたは「リース契約って何?」と聞かれて、すぐに答えることが出来るでしょうか?
早速ですが、「リース契約」とは何なのか、まずはおさらいしてみましょう。

リース契約(りーすけいやく)
機械などの物品を利用者に代わってリース会社が購入し、利用者に一定期間有料で貸し出すことを内容とする契約。主に、高額な機械(産業機械、工作機械など)やパソコンなどの情報通信機器といった、技術進歩の速い機械の導入に利用される。設備資金導入の資金調達を目的としたファイナンス・リース契約と、機械の賃貸借を目的としたオペレーティング・リース契約に大別される。
weblio辞書から抜粋

このように、「物品」を利用者に変わって購入、期間を決めて有料で「物品」を貸し出すのが「リース契約」の定義です。
「物品」に関する定義はその法律の内容ごとに違いますが、民法上での「物品」は「有形物」に当たります。

では、最初に戻りますが、ホームページは「有形」でしょうか?「無形」でしょうか?
ホームページを見ているパソコンやスマートフォンは「有形」ですが、ホームページは「無形」に当たります。
ホームページのリース契約は、本来「無形」のホームページではできるはずないのです。

■ ホームページのリース契約とは?

ホームページのリース契約ができないのに、実際にあるリース企業はどうやっているのか気になる方もいらっしゃると思います。

ホームページのリース契約を行っている業者の大半は更新ソフトやSEO対策、パソコン自体をリースをかける状態にして、大体5年間のリース契約をする業者が多く存在します。
「初期費用完全無料のホームページ制作!」などと宣伝している業者も多いかと思います。

リース契約をすると、販売者側にクレジット会社や信販会社から金額が一括で入るため、このような方法で急成長している企業が多いです。 新規参入者も多く、当然、トラブルも後を絶ちません。
基本的にリース業者側にはホームページ制作のスタッフは存在せず、リース業者が制作会社に制作のみ委託する形になるため、リース契約後はほぼサポートがないと言えるでしょう。
また、期間が決まっており長い付き合いになるとは考えていないため、「ホームページを作ったら終了」とアフターケアもなく、訴訟などのトラブルがとても多いのです。

■ 途中解約は基本的にできない

「5年間のリース契約」と先ほども述べましたが、基本的にリース契約のキャンセルはできません。
クーリングオフ制度もありますが、この場合、契約者が消費者ではなく、事業者なのでクーリングオフ制度も効かないようです。

また、リース契約期間終了後はすべてを返却するということが多く、取得したドメインや頑張って更新していたコンテンツの文章や画像などのデータの所有権は得られないことが多いです。

そもそも、5年間のリース契約だとして、毎日進化しているWeb業界では同じホームページを5年間維持することは難しいでしょう。
セキュリティの脆弱性や、新しい技術など、デザインも2,3年おきに定期的に見直しが必要なWeb業界です。
せっかくホームページを持てたのに生きたホームページを運用できないリース契約はとてももったいないのです。

■ ホームページは制作会社へ

ホームページを安く作りたい。その考えはわかります。
ですが、よく考えてみてください。月々3万円のリース契約を5年組んだだけでも、総額は200万円近くになってしまうのです。
更に、ほとんどまともなサポートもなく、5年間の契約終了後、ホームページのデータ自体がすべて自身の所有権がない場合が多いのです。

悪徳商法を行う業者に引っかからないためにも、リースを組まずにホームページを制作することをお勧めします。
予算内で成果を出せるホームページを作ることが、サイト制作で失敗しないポイントになります。
痒い所に手が届く、そんな「自分に合った」ホームページ制作会社に選ぶようにしてみてください。

リースではなく、自社自身でホームページを運営していく、ホームページの制作・オキャクールのホームページ無料診断はこちらから。

2017年9月5日|カテゴリー「9月
ペルソナを設定してターゲットを絞り込む!

■ ターゲットとペルソナの違いは?

ターゲットとは、直訳すると「標的」。
ビジネスシーンでは、サービスを利用するであろうユーザーのことで、年代、男女、既婚未婚、職業、年収などのスペックでユーザーを似たようなグループで分類し、狙いたい見込み顧客を絞り込むことをターゲティングといいます。
ターゲットをしっかりと定めないと、「こういう人もいる」「ああいう人もいる」などコンセプトが迷子になってしまいますので、ターゲットは思いっきり絞った方が良いです。

ペルソナとは、「最も重要なユーザーモデル」。
名前や性別、住んでいる場所、家族構成など実在する人物像を設定します。
自社の商品を必要としている「理想的な人物像」を作ることによって、商品のPR方法など商品・サービスの展開方法が変わってくるかと思います。

■ペルソナを作ってみよう

考えるより、まずは実践です。早速ペルソナを作ってみましょう。

それではペルソナの例を挙げてみましょう。

ペルソナを設定しよう!
名前
鈴木 一郎
性別
男性
年齢
32歳
職業
飲食料品 営業
家族構成
独身 一人暮らし
休日の過ごし方
大体は家にいることがない。友達とキャンプやBBQに行くことが好きで、予定がない場合は家で新しい料理のレパートリーを増やしている。
また、中学校から大学まで野球をしていたため、現在も草野球をしたりする。
住んでいる場所
札幌市中央区
性格
明るく、体育会系。スポーツが好きで、たまに熱くなりすぎるところがある。
趣味
野球・料理

最低限、このくらいの設定があっても良いでしょう。写真をつけるとよりリアルになります。
ペルソナは実在するユーザーの「代表」のようなものです。上記以外の項目もどんどん細かく設定してみましょう。

■ペルソナの設定によって、より細かくターゲットを絞れる。

ペルソナを設定したら、「この人物(ペルソナ)が満足するのは何か?」を考え、コンテンツやサービスを考えます。
例えば、先ほどの「鈴木一郎」さんの場合は、漠然と「30代男性、会社員」をターゲットにするよりも、「30代が活用しそうなSNSで広告を出そう」と考えたり、「野球が好きだから、野球に関連した割引サービスを提供してみよう」などより具体的な内容でコンテンツや事業展開ができますよね。

このように、ペルソナによって、マーケティング活動で優先するメディアやコンテンツを絞り込むことが出来ます。
設定したペルソナが満足して商品を購入もしくは利用してもらえそうなコンテンツを提供し続けることが出来れば、今よりもさらに多くの見込み客をホームページやSNSなどのメディアから集めることが出来ます。

■ペルソナは社内で共通の認識を持つことが大切

今回はペルソナのお話をしてきましたが、このペルソナ、社内であれば一人で作っても意味がありません。
ぜひ、社内の会議などで一度皆さんで「ペルソナ」を作成してみてください。
設定したペルソナによりリアリティを出すために、「ペルソナ」という名称ではなく、「鈴木さん」など名前で呼んでみても良いかもしれませんね。

一人一人違う「ペルソナ」を設定してしまうと、イメージのばらつきが生じます。常に新しい「人物像」をすり合わせすることが、集客での近道です。

2017年9月4日|カテゴリー「9月
文章を書くのは大変!

突然ですが、皆さんは「今日から毎日1,000文字以上でブログを書いてください。」と言われたら、どうしますか?

きっと「めちゃくちゃ簡単じゃん!」と快諾される方と、「1,000文字も書くの?!」と嫌な顔をされる方もいるかと思います。

実をいうと私も後者の方です。
小学校から「文系」を貫いてきた私ですが、伝わる文章を書くのは難しいですよね。
大学の卒業論文だって何度やり直しがあったか…。

更に文字制限もあるとなると、プレッシャーがかかります。

ですが、ホームページを運営するにあたって、必須条件は「文章力」なんです。
どれほど自社の売り出す商品がハイスペックで画期的なものであっても、その商品を紹介する文章が魅力的じゃないと興味すら持ってもらえない可能性があります。

と、いうことで本日は「ライティングの苦手意識克服」!ということで、個人的に興味参考にしている「伝わる文章」のポイントをご紹介したいと思います!

ご安心ください。くどいようですが、「文章が苦手な人による、文章が苦手な人の為の、文章力克服」講座です!まずは一度、試してみてくださいね!

その1 まずはテーマを1つに絞る
テーマをひとつに絞る

「1,000文字でなんでもいいのでブログを書いてください」と言われるより、「自分の趣味を1,000文字でブログに書いてください」と言われたとしたら、皆さんどうでしょうか。
前者の「なんでもいい」よりは「自分の趣味」とテーマが絞られており、「これならいけるんじゃないか…?」と感じる方が多いかと思います。

何を書くか決めないまま、パソコンに向かったって何も浮かぶわけがありません。
まずは、テーマを絞るべく、紙に書きだしていきましょう。
もちろん、パソコンのメモ帳にメモでも大丈夫です。箇条書きで思いつくままに書いていきましょう。
その単語の中から自分の中で「これはいけそう!」というワードが出てくるはずです。今回はそれをテーマにしてみましょう。

テーマを決めたら、次に「伝えたいこと」を書きだします。
例えばテーマが「趣味」で「テニス」のことを書くと決めたら、「テニスの何が面白いのか」、「テニス界で今一番注目されている選手」など、特に自分の好きなテーマになるとたくさん「伝えたいこと」が増えますが、まずは一つに絞りましょう。

伝えたいことが決まったら、最後に「結論」は何か、考えてみましょう。
テニスの何が面白いのか、結論は「高齢でもできるスポーツなので、生涯を通して健康的に楽しめる」などの簡易的なもので大丈夫です。

「テーマ」について「伝えたいことが」何なのか、その「結論」はどのようなものなのかを決定したら、次は下書きに移ってみましょう。

その2
「こうしないといけない」を意識しない
「こうしないといけない」を意識しない

みんなが見るからきれいに書こうとしたり、難しい言葉を使ってみたいと思ったことはありませんか?
一度自分がそのブログを読むお客さんの立場になって考えてみましょう。

難しい言葉は正直読みづらいですし、専門書のように堅い文章になってしまうと、飽きてしまいませんか?
「こうしないといけない」という意識をしてしまうと、自然と手が止まってしまいます。

正式な文書でもない限り、文章は「こう書かないといけない」という決まりはありません。
難しく考えすぎないで、普段人と話すペースで文章を書いてみましょう。

きっとその方が読みやすく、飽きられない文章ができるはずです。

その3
文章の区切りは思い切って切る!
文章の区切りは思い切って切る!

文章が長すぎると、ページ全体の圧迫感があります。
それに文章が長いと読みにくく、内容も入ってきません。

自分が得意な分野だとやはり文章も長くなりがちですが、ここは短めにすることを意識して、長くなりすぎた文章は思い切って区切りを入れてみましょう。
文章を書くことに慣れていないのであれば、文章を書き終えてから一度声に出して読んでみましょう。
声に出してみると違和感を感じたり、誤字脱字などの間違いに早めに気が付くことが出来ます。

また、自分以外の第三者に文章を読んでもらうこともお勧めします。
自分では気が付かない間違えはもちろん、本当に自分以外の人が理解できているかなど、新たな発見があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
まずは力みすぎない程度に以下の3つを意識しながら文章を作成してみましょう。

■ テーマ・伝えいたいこと・結論を絞る。
■ 「こうじゃないといけない」という考えに縛られない。
■ 文章は簡潔に。長くしない。

まだまだ私も文章を書くことが苦手ですが、この3つを意識することで少しだけ文章を書くスピードが上がりました。
まずは力を抜いて、文章を楽しみながら書いてみましょう。

2017年9月1日|カテゴリー「9月
9月1日になりました!
ついに9月が始まりました!暦はもう秋になり、北海道はどんどん寒くなっていますね!
当事業部は今年から正式スタートをしたわけですが、怒涛のように時間が過ぎているように感じます。

さて、本日9月1日の18時30分から、北海道立道民活動センター かでる2・7で株式会社マックスライン主催 Web集客セミナーが開催されます!
前回よりもさらにお申込みの人数が多く、会場も大きい場所に変更となりました。

私も参加予定ですので、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

このセミナー、Web集客ということですので、ホームページのSEO対策についてはもちろんですが、それ以外にも、「Googleアナリティクス」の話題も少しだけ上がりますよ!

正直なところ、Googleアナリティクスの難しいところはそれぞれの名称。
似ている名前や特徴が多く、説明を書いているサイトを見てもなんだか理解するのに時間がかかりそう…と思った方も少なくないはず。

「Web集客セミナー」といえど、Googleアナリティクスの使い方をこんなに詳しく教えてくれるところはほとんどありません。
セミナー後のお客様の感想の多くは、「ここまで詳しくやってくれるとは思わなかった」と喜んでいただいております!

これ以上は、セミナーのネタバレになってしまいますので、少々控えさせていただきますが(笑)、
完全無料で、このセミナーを開催しております。

※本日9月1日開催のセミナーはお申込みを締め切りました。

本日以降のセミナーは、現在のところ未定です。
ご迷惑をおかけいたしますが、次回案内まで今しばらくお待ちください。

株式会社ライフスタイルにお問合せいただくことも可能ですが、北海道のパートナー会社である弊社からも札幌のセミナーに関してお問い合わせいただけますので、お気軽にメールフォーム・お電話でお問合せください!
2017年8月31日|カテゴリー「8月
突然ですが、皆さん。ブログは書いたことありますか?

個人の趣味ブログ、企業のブログ、ブログの中でもたくさん種類がありますが、こんなことありませんか?


「ブログのネタが、思いつかない!!」
ブログのネタが思いつかない!!!!!
正直に申しますと、私も陥るよくあることです。
特に企業のブログになると、自分の発言が会社の発言となり、責任重大です。
間違ったことを書いたらどうなる事やら……。と心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような悩みで頭を抱えるそこのあなた。
Yahooで公開されているこんなサイト、ご存知ですか?

Yahoo!公式ラーニングポータル

季節の行事やイベント、よく使われるアイテムなどのキーワードをまとめたPDFやエクセルファイルをダウンロードすることもできます。
2017年8月31日の現在は、2017年11月までキーワードの予測が発表されています。

もともとは広告に使用する「検索されやすいキーワード」を探すことのできるポータルサイトでしたが、
ブログでも有効活用できるキーワードが多くありますので、是非お試しあれ。

ちなみに、9月は祝日や、秋ならではの風物詩も多く、興味深いキーワードもたくさんありました。
意外と見逃しているキーワ―ドもあるので、試しに一度、覗いてみてはいかがでしょうか。
pagetop