スタッフブログ

2017年10月20日|カテゴリー「10月
URLとドメインってどうちがうの?

サイト運営の用語辞典」でも、URLとは何かを説明している項目がありますが、皆様、URLとドメインの違いってはっきり説明できるでしょうか?
詳しくは、「サイト運営の用語辞典 URLとは何か?」でご紹介しておりますので、ご興味がある方は、まずはそこから確認してみてくださいね!

今回はその基礎知識から少しステップアップして、さらに詳しくURLとドメインの解説していきます。

そもそもURLって何?

URLは「Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ)」の略で、日本語でいうと、「統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)」といいます。 日本語にすると余計わかりにくい感じがしますが、インターネット上にあるホームページやファイルの「住所」やその情報を示すもののことをいいます。
ホームページアドレスがこれになりますね。

URLは「IPアドレス」を人間が覚えやすいように変換したもので、もともとの「IPアドレス」は数字を羅列したものです。 よく上げられる例はYahooJapanですが、「http://www.yahoo.co.jp」と「http://http://183.79.135.206/」は同じページに飛びますので、是非試してみましょう。

それでは、「サイト運営の用語辞典」で説明したURLの仕組みを、さらに細かく9つに分けて解説していきましょう。

URLの仕組み

プロトコル

プロトコルはウェブページなどで行う通信などを実行するためのルールのことを言います。
このプロトコルは、以下の様な種類があります。
・http…WebサーバーとWebブラウザの間でデータを送受信する
・https…「http」のルールに暗号化機能をつけ、セキュリティを強化したもの
・mailto…メール送信先を指定する
・ftp…ファイルをダウンロードする。

スキーム

スキームはプロトコルを囲む「枠組み」の様なものです。
「このURLはこのプロトコルのルールで通信します」というルールを規定する役割です。

ホスト名

ホスト名は、ネットワークに接続された機器やサーバー(ホスト)の名前を指しています。
よく目にする「www」もその一つです。
このホスト名も、今回のテーマである「ドメイン」とほぼ同じ役割で、こちらも人間がわかりやすいように置き換えられているものです。

余談ですが、「www」は「World Wide Web(ワールドワイドウェブ)」の略で、日本語に訳すと「世界中に張り巡らされたクモの巣」という意味です。

ドメインは先ほども説明した通り、人間がわかりやすく管理するために、ホスト名と同じく英数字の文字列に変換したものを指します。 インターネット上の住所ともいえる存在なので、同じドメインは存在しません。

ドメインは以下の細かく分けることができます。

サンプルでは「jp」の部分に当たります。
他にも「com」「net」などの文字列があり、それぞれの分野・領域に割り当てられたドメイン(gTLD)や、地域ごとにわけられたドメイン(ccTLD)があります。
「jp」は日本に割り当てられたトップレベルドメインです。

サンプルでは「co」に当たります。
このセカンドレベルドメインは、トップレベルドメインによって変わります。
「jp」では「co(commercial=商業)」や、「ne(network=ネットワーク)」などの種類を表すドメインが入ります。
また、先述にあった「com」や「net」は「サードレベルドメイン(後述参考)」がこのセカンドレベルドメインの位置にあるため、サードドメインがない場合もあります。

サンプルでは「sample」に当たります。
このサードドメインはセカンドドメイン以下に属するドメインです。
登録する文字列は、重複しない文字列に限り、設定することができます。

ディレクトリ

ディレクトリはwebサーバー内のフォルダ名と位置を表す部分です。
ひとつのホームページでも、1ページで完結するランディングページでもなければ、「会社案内」や「お問合せ」など複数のコンテンツがあるはずです。
ディレクトリはそれらのコンテンツを分類しまとめたフォルダがどこにあるのかを示しています。

例えば「ブログページで2017年の記事を表示したい」場合、下記の様なディレクトリになるのが一般的です。
「blog/2017/10」
上記のように、下層ページが増えるごとにディレクトリは増やすことが可能です。
一番左のディレクトリが一番大きい枠組みで、その中に2017年のフォルダが入っている事を表しています。
この「2017年」の部分はサブディレクトリと言い、「/(スラッシュ)」でフォルダを区切ります。

ファイル名

ディレクトリの中に収納されているファイルを指します。
URLの中では一番最後のゴールとなる場所です。
ファイル名は、htmlや、css、phpなどプログラムで書かれた文書ファイルやjpg、pngなどの画像など様々なファイルがあります。
このブログも「blog」というディレクトリの中にある、「20171020」というhtmlファイルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ドメインはどこの住所にサイトがあるのかを示し、URLは、その住所や番地、建物の名前や部屋番号まで、すべてまとめたものを指します。

また、ホスト名とドメイン名はどちらも登録した人が任意で決定することができます。
ですが、住所と同じように、全く同じドメインも存在しません。
横文字が多く、どうしても難しいように見えますが、実際の住所の仕組みと比較するとそんなに難しいことはありません。

SEOにも関わる話ですので、URLやドメインの仕組みはしっかりと理解しておきましょう。

2017年10月19日|カテゴリー「10月
お問合せのメールフォームが近年変わりつつあります。

と、言うのも、会社でお世話になっている取引先の方から、皆さんにも、紹介したい面白い申込フォームを教えていただきました!

その名も、
「フルオートメーション型ウェブ接客ツール qualva(クオルバ)」
全部オートメーションで接客してくれるの?!と興味が湧きませんか?湧きますよね!(笑)

今までの「メールフォーム」のイメージをガラッと変える革新的なお問合せツールなんですが、何が革新的かというと、このお申込みツール、チャット型なんです。

開発会社の株式会社Modulayが運営しているqualvaの公式サイトではもちろん、チャット型のお問い合わせフォームが導入されています。画面右下の「お問合せ」バナーをクリックしてみましょう。
なんだか某SNSの様な画面で、親近感がわくはずです。
このqualvaは、デザインや用途に合わせて自由にカスタマイズできるフォームで、お問い合わせフォームをはじめ、応募フォームや、アンケート、予約フォームまで作成が可能です。

会話方式で入力が進むので、選択肢や情報の入力がいつものメールフォームより、サクサクと進むイメージがありました。

Googleなどの世界的に利用されているサービスとも連携が取れるため、他のサービスと合わせて併用、ということにも便利にできるようです。
今まで億劫でメールフォームの入力まで至らなかったユーザーをゲットする為にとても画期的なツールではないでしょうか。
また、これなら親近感がわきやすく、訊き辛かったことまで気軽に入力できるかもしれません。

お客様と会社側の親密なつながりの為に、弊社でも導入を考えております!

もちろん、qualvaの公式ページで、導入を直接することもできますが、弊社からのお申込みも可能です。
ホームページのリニューアルや新規サイト制作の際に気軽にお問合せできますので、どうぞお気軽にお問合せください!

オキャクールオープン記念キャンペーン実施中!

初期費用無料キャンペーン
弊社は現在、オキャクールサイト オープン記念といたしまして、「ライトプラン初期費用無料キャンペーン」を実施中です!

ライトプランをご契約のお客様に限り、ライトプラン初期費用99,000円無料となります。

また、このキャンペーンに合わせ、スタンダードプランも初期費用299,000円のところ、199,000円の特別価格でご提供中です!

ホームページのリニューアル・新規設置なら今!
お気軽にお電話・メールフォームからお問合せください!

2017年10月17日|カテゴリー「10月
ページ速度が遅いわけとは?
ホームページの無料診断時にたまにあるのですが、表示が遅いなーと感じるサイトが結構あります。

「見ることができれば良いのでは?」と、考える方もいらっしゃるかもしれませんが、利用側に立って考えてみましょう。
調べ物や、ネット通販したい時に一つ一つのページ表示が遅いとどうでしょうか。

イラッときませんか?私はイラッときます。

Webページの表示が遅いと、ユーザーにストレスがかかってしまい、最悪、サイトから離れてしまうということも多々あります。
しかも、「ユーザーにストレスをかける」ということは、ユーザーファーストである検索結果の順位を決める「クローラー(検索エンジンにサイトの情報をデータベースに登録するプログラム)」にも影響が出るということです。

ではホームページの表示がなぜ重たいのでしょうか?
今回は表示速度が遅くなってしまう理由と、その対処法を考えてみましょう。

まずは自分のサイトを確認してみよう

とにもかくにも、まずは自身のサイトのことを知ることが必要です。
ページの表示速度を測るのは無料で簡単にできるので、まずはここからやってみましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスを導入している場合は、[行動]→[サイトの速度]で確認することができます。
ページ別で読み込みの平均時間も確認できるので、利用してみましょう。

[サイトの提案]の項目では、具体的な改善方法が上がっているので、ホームページ修正に便利なツールになるはずです。

Page Speed Insights

こちらもGoogleが提供するツールです。
アナリティクスの[サイトの提案]で使用しているツールなので、Googleアナリティクスからも確認できますが、アナリティクスで導入していないWebページも確認することができます。
ページの表示速度が早いホームページなどを参考にする際は、とても有効活用できます。

結局ホームページが重い原因って?

自身のサイトの状況がわかったところで、よくある3つの原因と、その改善方法を考えてみましょう!

画像サイズが大きい

代表的な理由No.1と言ってもいいくらい、この原因が多かったりします。
意外と見落としがちな画像サイズ。みなさんは大丈夫でしょうか?

スマートフォンやデジカメで撮影したものを張り付けると、サイズがかなり大きい場合がよくあります。
画像サイズをリサイズしてみたり、掲載する画像を少し減らすなどして、ページが重くならないように対策してみましょう。

アニメーションの挿入

ページの中で、アニメーションが使用している場合、スクロールの途中で読み込みが遅くなってしまったり、Flashなどのツールを使用しているのが原因で表示速度が遅くなることも少なくありません。

Flashのサポートは2020年末で終了となっているため、html5への移行をしたり、そもそも、そのアニメーションは必要なのか、考え直しも必要かもしれません。

ホームページのレイアウトが複雑

少し専門的な話になりますが、メニューを表示させる動きなど、JavaScriptを使用しているサイトは少なくありません。
また、ホームページの配置自体が複雑でhtmlやCSSの記述が多くなってしまう場合も原因の一つと考えられます。

htmlやCSSは省略できる部分もあるので、一度プログラムを見直してみるのも良いかもしれません。

まとめ

Webサイトの作り方で、サイトの表示が大きく変わることも少なくありません。
技術的な部分がわからなくても、原因を知ることは解決への近道になります。
まずは自分でできること、画像サイズの変更や見直しなどから始めてみてはいかがでしょうか?

サイトが少しでも重いと感じたら、まずはどこが悪いのかを調査し、原因を発見することで、表示速度が遅いせいで離れていくユーザーがないように対策していきましょう!
2017年10月16日|カテゴリー「10月
便利な小冊子プレゼント!

いつもオキャクールをご覧いただき、ありがとうございます。
この度、数量限定で、ホームページ無料診断 / 無料アナリティクス解析をお申込みいただいた方に、Webサイト運営に役立つ、SEO基礎講座・Googleアナリティクス基礎講座のガイドブックを2冊セットでプレゼントいたします。

ガイドブックの特徴

SEO基礎講座ガイドブック

SEO基礎講座

SEO(検索エンジン最適化)を正しく理解し、検索エンジンに好まれるサイトを制作する、5つのポイントを解説します。

目次
1.タイトルを適切にする
2.ディスクリプションを入力する
3.キーワード率を適切にする
4.優良な被リンクを増やす
5.ページ数(インデックス数)を増やす

Googleアナリティクス基礎講座ガイドブック

Googleアナリティクス基礎講座

専門用語が多いGoogleアナリティクス。アクセス解析で抑えるべき8つのポイントをわかりやすく解説いたします。

目次

1.セッション
2.ページビュー数
3.エリア
4.直帰率
5.ページ解析
6.モバイル率
7.キーワード
8.ランディングページ

数量限定で、ガイドブックがなくなり次第終了となりますので、ご興味のある方はお気軽にお電話または当サイトメールフォームからお問合せください!

ホームページの無料診断についての詳細はコチラから
2017年10月14日|カテゴリー「10月
サロン向けテンプレート
サロン向けのデモサイトを公開いたしました!

デモサイトは、テンプレートページにてご確認いただけます。
なお、こちらのサイトではお問合せページなど、一部機能しないページがございます。あらかじめご了承ください。

安心のスマートフォン対応

トップページ
料金表
美容室やネイルサロンのサイトはスマートフォンで開くことが多いはず。
スムーズに見れるように、スマートフォン表示を強化したデザインとなっています。

ヘアサロン・ネイルサロン向けのテンプレートはコチラから
2017年10月11日|カテゴリー「10月
初期費用無料キャンペーン
10月10日から、オキャクールサイトオープン記念として、期間中、ライトプランご契約のお客様を対象に、初期費用無料キャンペーンが始まりました!

また、キャンペーン期間中、スタンダードプランをご契約のお客様も、初期費用がお得な特別価格となります!!

この機会にホームページのリニューアル、新規開設をご検討してはいかがでしょうか!!
キャンペーン詳細は、以下のリンクからご確認いただけます!

【キャンペーン詳細】
HPオープン記念!ライトプラン初期費用無料キャンペーン
キャンペーンは終了いたしました。
2017年10月5日|カテゴリー「10月

チラシやホームページなどを制作する際にとても楽ちんなフリー素材。 アイコンやイラスト、写真などジャンルは様々、高品質な素材を無料で提供してくれるサイトが多くなりました。

今回のブログのように、なかなか写真のチョイスが難しそうな内容でも、無料素材のジャンルは幅広く、個性的な画像を探すことが可能です。

無料写真素材に要注意!

このような無料で使える写真を探す際、「著作権フリー」や「ロイヤリティフリー」という言葉が出てきます。
この2つの違い、皆さんはわかるでしょうか?
「フリーとついているから、無料で使って大丈夫。」というわけにはいきません!

今回は「著作権フリー」と「ロイヤリティフリー」の違いをしっかりとおさえて、正しく画像利用をしましょう!

そもそも「著作権」ってなに?

まずは、よく聞く「著作権」とはなにか復習しましょう。Wikipediaでは以下の用に説明しています。

著作権は著作者に対して付与される財産権である。著者は、著作権(財産権)を、他人に干渉されることなく、利用する権利を持つ。例えば、小説の著作者(作者)は、他人に干渉されることなく出版、映画化、翻訳する事ができる。
【中略】
著作権は、著作者の精神的労力によって生まれた製作物を保護し、また、自由市場における市場価格を著作者に支払うことを保証して、著作者の、創作業務を維持し、収入を安定させることで、間接的に、著作者本人を保護する効果もある。
Wikipediaから抜粋)

著作権は創作された段階から権利が発生します。
「著作者」はプロ・アマチュア問わず、私たちが撮った写真や制作したものは、それぞれ「自分が撮影/創作したもの」という権利が発生します。
このようなことから、ネット上から画像を適当に持ってきて、自身のホームページに掲載する、という行為は著作権の侵害ということになります。

ちなみに著作権は「著作者の死後50年まで保護される」と決まっており、死後50年間までは本人が望む・望まないを問わず、著作権が保護されるということになります。

この50年の期間を過ぎると、「パブリックドメイン」と呼ばれ、社会の共通財産として扱われるようになります。
パブリックドメインになった作品は、インターネットや本に自由に掲載することができるようになります。
インターネットでも青空文庫のように、著作権が消滅している「パブリックドメイン」の作品が紹介されています。

このパブリックドメインの説明から、「著作権フリー=誰がどんな内容でも自由に使える」というイメージがついてしまいがちですが、写真や画像サイトで掲げている「著作権フリー」の意味は少しだけこれとは違います。

ロイヤリティフリーとは?

まず先に、「ロイヤリティフリー」から解説していきましょう。

「ロイヤリティ(Royalty)」という意味にはそもそも「特許権使用料/著作権使用料」という意味があります。
■参考:weblio英和辞典・和英辞典

もともと、著作権に保護されている作品や文章は、使用する人が著作者に使用料(ロイヤリティ)を毎回支払わないといけません。
CDや書籍が売れる時に入る印税も同じ仕組みで、インターネットで使用する写真や文章ももちろんこれに当てはまります。

この「毎回支払う使用料(ロイヤリティ)」を無料にしたものが「ロイヤリティフリー」と呼ばれます。

ロイヤリティフリーの素材はダウンロードする際に有料ということが多いですが、初めに「利用する権利」を購入し、ダウンロードしたあとはずっと無料で使える、という意味合いで提供していることが多いです。

写真・画像サイトの「著作権フリー」とは?

では、写真・画像の無料素材サイトにおける「著作権フリー」とはどのような意味なのでしょうか。

実はこの「著作権フリー」、基本的にはロイヤリティフリーとはあまり変わらない意味で使われていることが多いのです。
無料素材サイトは世界中にたくさんありますが、「著作権フリー」素材はあくまでも、そのサイト内で定めた利用の範囲内での場合を指します。

画像・写真の利用規約はそのサイトによって違います。特に、アダルトサイトに利用する行為を禁止したり、人物が写っている写真に架空の名前を入力を禁止するなどの規約はほとんどのサイトで禁止されています。

使用する前にまずは利用規約を読もう

フリーで利用できる素材の中には、「商用利用不可」になっている場合もありますし、第一、設定した利用規約を破ってまで利用することは自分にとって何もメリットがありません。

利用規約は提供側と利用者がトラブルにならないために、あらかじめ提供側が作成されたマニュアルです。
当たり前のことですが、写真などの素材を利用する前にはしっかりと読んで正しく素材を利用しましょう。

pagetop