ホームページとウェブサイトの違いとは?

ホームページとウェブサイトの違いとは?

ウェブサイトとは?

現在見ているこの記事のように、ブラウザ上で見ているページを「ウェブページ」と言います。
このウェブページが集まって、1冊の本のようになっているものを「ウェブサイト」と言います。このウェブサイトの一番先頭となって、表紙になるページを「トップページ」と言います。

ホームページとは?

もともと「ホームページ」は、Webブラウザを起動したときに最初に表示されるページのことでした。
このホームページにYahooなどのポータルサイトのトップページを設定する人が多かったため、「ホームページ=ウェブサイトのトップページ」というイメージが定着しました。

さらに、インターネットが普及するにあたって、「Webサイト」や「Webページ」のすべてを「ホームページ」と説明してしまうことが多くなってしまい、現在ではWebページのことも全てまとめて、「ホームページ」という言葉が使われるようになりました。

ホームページ=ウェブサイトは海外では、ほぼ通じない!

当ウェブサイトでは、お客様の混乱を避けるために、特別なことがない場合は、日本国内で一般的に認知されている「ウェブサイト=ホームページ」として使用しています。

ですが、「ホームページ=ウェブサイト」というのは、海外ではほとんど通じません。
「ホームページ」という単語は必ずしも「ウェブサイト」ではないことだけは頭において、適材適所で使用しましょう。