ブラウザとは何か?

ホームページやブログを見たりするツール

ブラウザとは、普段インターネットでホームページや検索結果を閲覧するときに使っているソフトのことを言います。

現在このページを見ている方は、ブラウザを通して、このページを閲覧していることになります。

ブラウザの種類は国内でも複数あり、代表的なものを上げると以下のようなものです。

・GoogleChrome
・InternetExplorer
・Firefox
・Edge
・Safari

他にもたくさんありますが、いくつかは利用したことがあるはずです。

現在はスマートフォンやタブレットが普及してきて、スマホ専用のブラウザなど、使う端末によってブラウザの種類も変わってきます。

このブラウザがないと、現在見ているホームページはもちろん、今まで見ているホームページやブログだって見ることが出来ないのです。

検索に必要不可欠な「検索エンジン」

また、ブラウザ上で何かを検索する際に使用しているのが「検索エンジン」です。

世界中のウェブサイトから、キーワードに関連性の高いサイトやブログなどを人気があるサイトなど総合的に評価して、1番目から順に表示されます。
日本で多く使われているのがGoogleやYahoo。他にもgooやBingという検索エンジンなど、世界的な規模になると数え切れないほどの検索エンジンが存在します。

GoogleやYahooの検索エンジンは「ロボット型」と呼ばれる検索エンジンを使用していて、クローラーやロボットと呼ばれるプログラムが、ホームページのリンクを巡回し、ホームページのデータを習得しています。

検索エンジンはサイトを精査・登録し、カテゴリーごとにサイトを分類したうえで、検索順位を決定します。