専門知識は不必要!CMSとは?

専門知識は不必要!CMSとは?

専門的な知識がいらないCMS

これまでにご紹介してきたHTMLとCSS。それ以外にもたくさんのプログラム言語がありますが、1から学ぶとなると時間もかかりますし、それなりにお金もかかってきてしまいます。

CMSは
ContentsManagementSyste(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、文字通り、掲載するもの(Contents)を管理(Management)するシステムのことです。
このCMSは、無料のものと、有料のものがあり、初心者でも簡単にホームページを管理できるように出来るシステムとして開発されました。

CMSのメリットとデメリットは?

CMSを導入することで、沢山のメリットが得られます。
以下にいくつかCMS導入のメリットを挙げてみました。

CMSのメリット

・専門知識が不要
・テンプレート・テーマが用意されているCMSが多いため、簡単にデザインできる
・テンプレート管理が多いので、レイアウトの崩れやリンク切れを防ぐことが出来る
・サイトの内部構造がわかりやすいので、SEO対策になる
・ネットが繋がっていれば、いつでもどこでも管理が可能

CMSはテンプレートやテーマで設定されているため、ブログ記事の投稿などは、特に難しい知識もなく編集することが可能です。
それでは、CMSのデメリットとは何でしょうか。 以下にいくつかまとめてみました。

CMSのデメリット

・テンプレート化されているものが多いため、キャンペーンサイトなどのページが作りづらい
・CMS自体の勉強が必要
・既存ページの移行などが必要

ページがテンプレート化されているため、キャンペーンサイトなどの例外的なページの制作は、制作会社に頼む、という形になる場合があります。
また、専門知識は不要とはいえ、自社でホームページ編集を後々行うことを考えると、CMSの使用方法を勉強する必要があります。

CMSを利用した方が良いホームページって?

CMSの利用はそのホームページの特性によって慎重に判断した方が良いでしょう。 ポイントとしては、「更新頻度は多い」もしくは「更新する量が多い」場合は、ページひとつずつの管理が容易になる、CMSの導入をお勧めします。
逆に、更新頻度が低く、商品やサービスの変更も少ない場合は、更新のたびに、業者にお願いする形の方が割安の可能性があります。

ホームページは数年前までは「名刺」替わりのホームページでしたが、現在ではインターネット上の「店舗」と言っても過言ではなくなってきました。
「まずはインターネットで情報収集する」スタイルが定着してきた今、頻繁にホームページの更新ができるCMSの需要が大きくなってきたのではないでしょうか。