ホームページを構築する基本的な言語-CSS-

CSSとは?

ホームページを装飾するCSS

実はHTMLだけではホームページは現在見ているものにはなりません。
HTMLのみだと、以下のように殺風景なホームページなってしまいます。

HTMLのみマークアップした場合

HTMLだけで表示すると、文字の大きさや太さなどの簡易的な設定しか表現できません。

こんな時、このページのようにHTMLを装飾する役割がCSSという言語です。
CSSはCascading Style Sheets(カスケーティング・スタイル・シート)と呼ばれ、一般的にCSSで作成されたファイルは「スタイルシート」と呼ばれています。

HTMLと組み合わせて使用する言語で、冒頭に合った通り、シンプルなHTMLに色を付けたり、画像の配置を決めたりする命令はこのCSSを使用して指定します。
このスタイルシートで現在見ているページやほかのホームページのような個性のあるホームページを作成することが出来るようになります。

CSSを導入

上の図は先ほどのHTMLのみの画像に、CSSを読み込ませたものです。
ページに注目する場所などメリハリが生まれます。

HTMLとCSSで最低限のホームページは作成可能

簡単なホームページはこれまでに紹介したHTMLと、CSSがあれば、ホームページは作れますが、他にもスライドショーなどの動きを出すJavaScript、掲示板やアクセスカウンターなどの細かい設定ができるPHPなど、ホームページを構成する言語はまだまだたくさんあります。