ホームページを構築する基本的な言語-HTML-

HTMLとは?

最も基本的なHTML

これからホームページの運営をする方や、1から自分でホームページを作成したいと考えている方に必ず知ってもらいたいのはHTMLの存在です。

HTMLとは、
Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、ホームページを作成するための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。
ホームページの大半はこのHTMLで記述されています。

ハイパーテキストとは?

ハイパーテキストとは、直訳通り、「高機能な文章」のことです。
皆さんがよく目にするリンクは
ハイパーテキストリンクと言い、ハイパーテキストは文章中の好きな箇所にリンクを張ることができ、他のページに移動できます。

HTMLは、このハイパーテキストを決められた「タグ」で「しるしをつける(Markup)」ことで、一つ一つに意味を持たせ、ページ全体を構築していきます。

ホームページの裏側

HTMLは実際にホームページ上で確認することが出来ます。
画面上のどこでも大丈夫ですので、右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックしましょう。
ページのソースを確認する

すると、以下のような文字だらけのページが表示されます。

ページのソース

このずらっと英語の文章を「ソースコード」といいます。
htmlはその中の「< />」で囲われたタグと言われる要素で構成されます。

このソースコードが白紙のページに文章や画像の配置などを命令分で、ウェブブラウザがその指示に従って、現在私たちが見ているようなホームページが出来上がります。

htmlには「HTML」「XHTML」「HTML5」などの種類があり、それぞれ使えるタグに違いがあります。
また、このソースコードを読み取るブラウザ自体にも、対応・非対応があるので、htmlを記述する際は、注意が必要です。