モバイル端末の普及とモバイルファーストとは

スマートフォンの普及とモバイルファーストとは

モバイルファーストとは?

スマートフォンやタブレットの普及で、現在のインターネットの閲覧方法は急速に変化し、現在、インターネットを閲覧する際に使用するツールは、スマートフォンやタブレットのようないわゆる「モバイル端末」が多いのではないでしょうか。

モバイル端末の急速な普及で、パソコンより身近にインターネットを使えるようになり、「モバイル端末からのサイト閲覧を第一」に考えることが多くなりました。 この考えを「モバイルファースト」といいます。

Googleはその「モバイルファースト」に合わせ、サービスのターゲットを「パソコン」から「モバイル端末」にシフトし始め、現在でも「モバイルファースト」のサービスへ移行中です。

モバイル向けのデザインをなぜ作成するのか?

もちろん、「なぜパソコンサイトだけではだめなの?」と疑問を持たれる方もいます。 Googleでは、「モバイルフレンドリーにする理由」として以下の理由をあげています。

米国では、スマートフォンのユーザーの 94%が地元の情報をスマートフォンで検索しています。モバイル検索の 77% は自宅や職場で行われています。パソコンがある可能性が高いこれらの場所でモバイル検索が行われているのは興味深いことです。

(Google「ウェブサイトをモバイルフレンドリーにする理由から抜粋)

特に、スマートフォンでパソコンのWebページを見ていただくとわかるのですが、全体の表示が小さく、記事を読んだり、リンクをクリックする際にはわざわざズームする操作が必要です。
それも、リンクを開くたび毎回となると、ユーザーはさらに不満を感じ、閲覧中でもサイトを離れてしまう可能性があります。

アメリカで94%ユーザーがスマートフォン操作すると考えると、世界ではたくさんのユーザーがスマートフォンを利用していることが、安易に想像できるはずです。

Googleのモバイルファーストインデックス

Googleの検索データベースのことを「インデックス」と言いますが、この「インデックス」もモバイルファーストへ移行する動きがあります。

今までのGoogleの検索エンジンは、パソコン重視の検索エンジンでしたが、2017年の春から2018年の間に、日本でもモバイルファーストインデックスへの切り替えが予想されています。

モバイル端末向けの検索アルゴリズム

Googleの検索エンジンには、2015年の段階ですでに「モバイルフレンドリー」のアルゴリズムが導入されています。
このアルゴリズムは、「モバイル端末対応になっているWebページの順位を優先的に上げますよ」という内容です。

もちろんモバイル対応をしていないWebページは今まで通り、スパム扱いになることはありませんが、「モバイル対応」をしているホームページの順位を優先して上げるため、導入当初は検索順位が激しく変動しました。
Googleでも無料ツールで、「モバイルフレンドリーテスト」を配信しています。