URLとは何か?

URLはホームページの「住所」

URLとは、ざっくり説明するとインターネット上のホームページの場所を記している住所のようなものです。
URLは以下の図のように構成されています。
URLの構成

この図だけだとなんとなく難しそうですが、順を追って説明しましょう。

ブラウザでホームページを表示するための命令文「http」とは?

「http」とは「Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)」の略で、簡単に説明すると、「ハイパーテキストの移動手続き」ということになります。

「ハイパーテキスト」は直訳すると「文章を超えるもの」という意味です。
何やら難しそうですが、皆さんがよくホームページで見ている
「リンク」をはれる文章のことを言います。

つまり、「http」は違うページへリンクができる「ハイパーテキスト」を「転送(Transfer)する手続き(Protocol)」する命令をしています。

鍵をかけて保護する「https」

「http」と似ているのが「https」

「https」は「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略で、
「Secure(セキュア)」「安全な」という意味。
「https」には、「http」の意味に加えて、「鍵をかけて安全にする」という命令文も追加されています。
現在はセキュリティが厳しくなっているため、「https」を使用するサイトも増えています。

httpsの設定をしていると、ブラウザ上には「保護された通信」と表示されます。
保護された通信

ホームページがどこにあるか表す「ドメイン」

図の場合だと「webstyle-d.com」の部分です。
「ドメイン」とも呼ばれるこの部分は、住所でいうと
「都道府県」「市区町村」の部分です。
「.com」は商業組織を意味しており、他にも下記のような種類があります。
.com
商業組織用
.org
非営利組織
.co
企業
.net
ネットワーク
.jp
国を表している。「.jp」は日本に住所がある組織・個人

サイト内の特定のページを表示する「ファイル名」

URLの文末「/○○○.html」はサイト内のどのファイルを開いているかを表します。
住所でいうと、「番地」の部分です。

パスとも呼ばれるこのファイルは、ドメインの後に「/(スラッシュ)」を入力してファイル名を入力します。

基本的には、「○○○.html」や「○○○.php」などのページファイルや、「○○○.jpg」や「○○○.png」などの画像のファイルがあげられます。

また、ドメイン名のみの場合は、ホームページのトップが指定されます。