ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いは?

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、検索エンジンの裏をかいた悪質な技術によって、Webサイトの検索順位を上げようとする行為のことを言います。

検索エンジンのロボットがWebサイトに訪問した際、ユーザーが見るものとは異なる内容のWebページを閲覧させる「クローキング」や、テキストの自動生成コンテンツで、キーワード単位の評価を稼ごうとする「ワードサラダ」、SEO目的の不自然なサイトから被リンクを購入して評価を高める方法などが代表的なブラックハットSEOの例です。

このようなブラックハットSEOは「スパム行為」と判定され、ペナルティとして対象のページの検索順位が下がってしまったり、最悪の場合はインデックスの削除を受けることもあります。

かつてはこのブラックハットSEOも公然と行われていましたが、現在はGoogleのスパム検知制度が向上し、ペンギンアップデートやパンダアップデートなど検索結果がより健全なものになるようなアップデートも繰り返し行われています。

また、悪意がなくても、数年前のSEO対策や誤解に基づいた施策でスパムと判定されてしまう可能性もゼロではありません。
そういったトラブルを防ぐためにも、Googleから公式で発信されている「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」をしっかりと読み、Googleからのメッセージやアラートを確認できる、「Googleウェブマスターツール」に登録して定期的にチェックすることをお勧めします。

なぜGoogleはブラックハットSEOを禁止しているのか?

繰り返しご説明していますが、検索エンジンにとってホームページとは、「ユーザーにとって価値のあるページを提供するサイト」が好ましいのです。

検索エンジンを利用して、上位表示されていたのでクリックしたページが求めていた情報がない、という経験はありませんか?
このようなユーザーの求めているものとは違う、ただ商品を売りつけるようなホームページや、目的すらもわからないページなど、「ユーザー」を無視した不適切なサイトを上位検索に上げないために、Googleのクローラーの技術が上がったのです。

ホワイトハットSEO

「今日から始めるSEO対策」で紹介しているように、Googleが無料で配布しているPDF「検索エンジン最適化スターターガイド」に推奨されているとおり、Webサイトを最適化していることをホワイトハットSEOと言います。
押さえておきたいポイントは、以下のリンクで紹介しておりますので、関心のある方は是非ご覧ください。

今日から始めるSEO対策-ページタイトルを適切にする-
今日から始めるSEO対策-ディスクリプションを入力する-
今日から始めるSEO対策-優良な被リンクを増やす-
今日から始めるSEO対策-キーワード率を適切にする-
今日から始めるSEO対策-インデックス数を増やす-