今日から始めるSEO対策-キーワード率を適切にする-

キーワード率を適切にする

キーワードの出現率はSEOに関係するのか?

先に答えを言うと、キーワードの比率は、ほぼ関係はありません。

数年前までは「キーワード出現率は○%」などと諸説ありましたが、現在ではキーワードの出現率は検索エンジンの評価には、ほとんど影響がなく、具体的な意識をする必要はないという考え方になってきています。

キーワード比率は必要ない?

SEOにほぼ関係しないといっても、キーワード比率の調整はやっておいて損はありません。

キーワード比率はSEOに関係ないからと言って重要なキーワードをたくさん使いすぎると、検索エンジン側からスパム扱いをされ、大幅な順位落下などのペナルティが起きる可能性が高くなります。

キーワードの詰め込みすぎに注意 では、キーワードの詰め込みの「スパム扱い」はどこからなのでしょうか?
Googleの公式ガイドラインを参考に、注意すべき点を挙げてみましょう。
・実質的な意味のない電話番号の羅列
・ページの冒頭に検索エンジンの上位表示を狙ったテキストの羅列
・同じ単語や語句を不自然に繰り返す行為(下画像参考)
キーワードが不自然に多い例

キーワード比率を気にせず、自然なコンテンツを意識しよう

ここまで、スパムに気を付けようとご紹介してきましたが、実際のところキーワードをどれだけ使って、スパム行為にならないように気を付ける…と対策を練りながらページを作ると、ユーザーにとってはとても不自然なページになってしまいます。 

あくまでも、ユーザーに優良な情報を伝えるためのホームページということを意識してページを作成していれば、自然とキーワド率もバランスの良いものになるでしょう。

キーワードの比率についてURLを入力するだけでチェックできる、無料のツールがあります。
現在のページでどのようなキーワードが多く使用されているか現状把握もできますので、一度試してみてはいかがでしょうか。